またも「スクラッチ」に完敗。

苦手の「スクラッチ」戦、相手先発田代氏には以前に完全試合を献上しているため、リベンジに臨みましたが、またも抑えられて無得点。
エキストライニングに何とか2点返しましたが完敗でした。

キッズ先発高嶋はまずまずの投球でしたが、味方エラーに足を引っ張られて9失点。
打線は初回岩崎と小倉のヒットでチャンスを掴むも、走塁ミスで無得点。
7回もノーアウトから四球のランナーを二人出すも、後続が3連続三振で無得点。
エキストライニングの8回にヒットで出塁の大滝、岡崎を岩崎の2点タイムリーで返すも時遅し。

打線爆発! 「イースター」に大勝!

この所湿りがちなキッズ打線が今日は爆発。
初回岡崎、寺西、岩崎、小倉、高嶋の5連打と谷藤のタイムリーで5点。
5回には寺西の2点タイムリー、6回は岡崎のタイムリー三塁打で追加点。
最終回にも高嶋、谷藤、仲澤のタイムリーで5点。

投げては先発仲澤が不安定な立ち上がりながら途中から見事に修正して2失点の完投勝利!

「タヌキーズ」に逆転勝利。

先発山本が初回に4点を奪われて苦しいスタートとなりましたが、打線が小刻みに得点を重ねての逆転勝利。

初回2番寺西海のレフトオーバー本塁打でまず1点。
2回は二塁打の浅井と敵失で出塁の谷藤を8番吉武がセンターへの三塁打で2打点。
3回は四球で出て盗塁の寺西海を3番坂尾が犠牲フライで返し1点。
5回に二塁打で出塁の岡崎から3番坂尾が2点本塁打で逆転。
尚も6回に敵失のランナーを8番谷藤の犠牲フライで返しダメ押し。

山本投手が尻上がりに調子を上げて完投勝利。
これで山本2週連続の勝ち投手に。

ライバル「ブルドッグス」にサヨナラ勝ち!

打線が初回に3番岩崎の犠牲フライと4番深山のタイムリーで2点先取。
2回も山本、谷藤の連打から森川のタイムリーで追加点。

先発森川が肩痛で降板もリリーフ山本が好投で同点のまま最終回へ。
7回裏山本のヒットから谷藤の四球、大滝のヒットで満塁。
ここで森川のライト前タイムリーでサヨナラ勝ち。
なんとか連敗ストップ。

山本投手がキッズ初勝利。

「秋の涼しさの中、ダブルヘッダー連敗」

第一試合の対「スクラッチ」戦は相手投手の緩急に翻弄されて0対7の完封負け。
山本投手がキレの良いストレートとスライダーで好投も、後半敵の打線に捉えられて7失点と悔しい敗戦。

打線も7回まで2安打に抑えられエキストライニング含めても4安打と打つ手無しの完敗。

第二試合の対「ラグス」戦も相手森川投手に抑えられて1対2で敗戦。
先発吉武は良く投げたが、味方エラーと四死球が絡み2失点ながら負け投手に。
6回助っ人神谷のタイムリーで1点を返すのが精一杯。
エキストライニングで4番深山が意地の2点タイムリーも時遅し。

ダブルヘッダー、連敗となりました。

追い上げ及ばず「タヌキーズ」に惜敗。

対「タヌキーズ」戦は先発高島が序盤に四死球からタイムリーを浴びて6失点。

先制された打線は初回内野安打の岩崎を4番深山のタイムリー三塁打で返しまず1点。
4回にヒットで出た曽我部を3番岩崎のタイムリー三塁打と4番深山の犠牲フライで2点。
6回に1番曽我部のツーランホームランで2点と1点差まで追い上げたが、序盤の失点が響き逆転ならず。

苦しみながら「ギャンブラー」に勝利。

雨模様の中行われた対「ギャンブラー」戦。
先発浅井が2回途中で交代もリリーフ山本が相手の口撃に耐えてその後無失点の好投で初勝利投手に。

打線は相手津村投手の口撃とスローボールに手を焼き、5回まで2点に抑えられるも6回に浅井の2点タイムリー二塁打等で3点。
エキストライニングの7回裏に8得点の猛攻。

終わってみれば13対1で大勝でしたが、途中までは打線が抑えられて苦しい展開に。
序盤から得点を重ねて楽な試合運びに出来たはず。
この反省を次試合に。

「バフォメッツ」にリベンジ!

今期開幕戦で敗れた「バフォメッツ」に9対3で快勝しリベンジ。

先発吉武が強打の相手打線を緩いボールで翻弄し、野手もリズム良く好守で盛り上げる。

打線も2回に3四死球の後大滝、吉武の連続タイムリー等で4点。
4回も大滝、岡崎、山本、坂尾と4連打で3点、5回も2点と中押し。
最終回となった5回裏に速球派の山本がピシャリと好救援で試合を締めた。

今期好調の打線も勢いを継続中。
森川、高嶋、吉武、仲澤の先発陣に抑えの山本が加わり投手陣も万全の構え。

強豪「ブルドッグス」に辛勝!

久しぶりの対戦となった対「ブルドッグス」戦。
初回1番山本が四球で出塁、二盗後2番助っ人捕手齋藤がすかさずタイムリー2塁打で先制。その後相手エラーから追加点。

先発高島が制球良く相手打線を1失点に抑え5回まで2対1。
6回に安打で出塁の谷藤を高嶋の内野安打で返し3対1。
その裏相手の猛攻を1失点で切り抜けた所で時間切れ。
結果3対2で辛勝。

満塁でのピンチを2度シュート山本のナイスバックホームで防いだり、外野陣も敵の巧打を再三の好捕で盛り上げた。
少ないチャンスを生かし守りきったナイスゲーム!

難敵「スクラッチ」に惜敗。

先週のグランド手続き不備での中止を受けて久しぶりの試合となりましたが、難敵「スクラッチ」に4対6で惜敗。

先発森川が5失点、打線は1巡目を無得点に抑えられて苦しいスタートでしたが、リリーフ山本の好投で流れを掴み打線も4回4番小倉のレフトオーバー二塁打で追い上げ開始。
5回は二塁打の濱本をすかさず仲澤がタイムリーヒットで返し、6回には5番寺西海のレフトオーバーの2点本塁打で猛追。

最終回大滝、森川の連続ヒットで逆転に望みを繋ぐも1番山本の巧打が相手ファインプレーに合いゲッツーで試合終了。惜しくも追いつけずに敗戦となりました。